« サイドフィード一周年 | メイン | 悪くない企業文化 »

2006年08月02日

画面の右側に広告を貼る人のための画面サイズ解析ツール あとで読む

前回の開発合宿akiyanが作ったサービスがリリースされましたのでご紹介(仕事早いよ)。


超ニッチサービスなのですが、サイト閲覧者の画面の「横幅」サイズを集計&アドバイスしてくれるツールです。

もともとは、mi○iの横スクロールってどうよ、というところから出たサービスみたいなのですが、個人的にはサイトの右側どのくらいまで広告スペースを攻められるか、というのに最適なのでは、と。


私も「とあるサイト」で昨晩からつけてみました。

browsize1.gif


横幅 920 px で設計していると、快適に閲覧できている人は 6割しかいないとのことorz。

意外に狭い画面で閲覧されていることがわかります。


秀逸なのは、リアルタイムで PV が測定できる点です。

browsize2.gif

最近はにわかクローラーも多く、正確な PV はスクリプト貼り付け型でないと算出しにくくなっていますので、リアルタイムで数字が更新されるのはなかなかいい感じです。

ブラウザの横幅についてはサイトごとの特性はあまりない&「一般論」的な統計値もあるようですが、じゃ「幅いくつにしたらどのくらいの人に影響あるの?」というリアルなデータで誰かを説得したい人にはいいアドバイスデータが出力できると思います。


シンプル単機能ツールなので、右サイドバーに広告出そうとしている人は一度試してみては。
BROWSIZE.org


#そのうち検索キーワード解析とかリンク元解析とかどんどん機能アップしていきますから(プレッシャー)


#ちなみに結論としては、一見さん(検索来訪者など)が多いサイトは「やっぱまだ 800px か」かと・・・

Follow yoski on Twitter

ワード

投稿者 aka : 2006年08月02日 15:37  / 2006年08月 / (~2006) 話題のサービス

トラックバック

人気ブログランキング - a++ My RSS 管理人ブログ

このエントリーのトラックバックURL:
http://210.188.206.194/mt-tb-sf.cgi/453

コメント

コメントしてください

あわせて読みたい




保存しますか?


あとで読む | to read | フレッシュリーダー | フレッシュミーティング | RSSフィード.cc | あわせて読みたい | track feed MyRSS管理人