« Windows Live の RSS リーダー機能 | メイン | ブロガーの必須アイテム(?)「メッセンジャー2.0号プレゼント」やってます »

2006年07月13日

ajax で動的に作成している Web ページを再表示可能な HTML コードで保存する方法 あとで読む

ajax を使いだすとその時点の HTML コードがどうなっているか(innerHTMLですね)を確認したくなることが多々あります。

DOM とか innerHTML に突っ込んでいるうちに、正しい状態になっているのか不安になってきたり、不具合改修したときにきちんと反映されているか比較してみたくなったり、、。


これまで IE の「IE DOM Explorer」や Firefox の 「FireBug」「Web Developer」を使って確認していたのですが、あとからでもページを再現できる HTML コードで残しておきたいな、と。


で、ふと思いつきました。


あとで読む」使えるやん・・・


ajax や javascript で動的に作成されたページを「あとで読む」すれば、その時点で動的に作成された HTMLコード を全部書き出して送信してくれるので(scriptタグは削除されますが)かなり便利。


あとからでもその画面を簡単に再表示できます。


ということで、自作自演の気づきですが、結構便利だったのでメモエントリ。


※「あとで読む」した後の画面はリフレッシュされますので注意。

Follow yoski on Twitter

ワード

投稿者 aka : 2006年07月13日 15:17  / 2006年07月 / (~2006) 技術ネタ

トラックバック

人気ブログランキング - a++ My RSS 管理人ブログ

このエントリーのトラックバックURL:
http://210.188.206.194/mt-tb-sf.cgi/424

コメント

こんにちは、またブログ覗かせていただきました。また、遊びに来ま~す。よろしくお願いします

投稿者 グッチ ベルト レディース : 日時 2012年11月10日 07:12

コメントしてください

あわせて読みたい




保存しますか?


あとで読む | to read | フレッシュリーダー | フレッシュミーティング | RSSフィード.cc | あわせて読みたい | track feed MyRSS管理人