« MyRSS.jp サービス終了のお知らせ | メイン | 【個人メモ】練馬でユーザー車検 »

2011年04月12日

JASRACに行ってツイキャスの包括契約を結んできたときのメモ あとで読む

いやー、正直言うと相当ビクビクしてたんですけどね、JASRACとコンタクトとるの。

なんせ楽曲の著作権は JASRAC がもっていて、それらの利用には費用がかかる、と。そしてそれは基本的には蛇口課金(侵害したユーザーにじゃなくて、運営元に支払い義務がある)なんで、ある日突然「こんにちは〜 JASRAC です〜。お支払いは2千3百万円程になります〜はいっこれ請求書なっ!!!!ビシッ!」なんて悪夢が現実になったらどうしよう、みたいな。

んで、おそるおそる連絡してみたわけですよ。もう最初は全然サイトなんか運営してない素人のふりして。

で、いろいろ聞いてみたところ、こりゃ早めに契約したほうがいいな、ってことでちゃんと連絡とって契約することにしたわけです。

結論からいうと、やさしかったですよ、JASRACさん。お金はもちろん取られますけど。


◎契約しようとおもったきっかけ

ツイキャスでは楽曲の利用はお金かかるし運営苦しいから無理!って思っていて、基本禁止。どうしても使いたければユーザーが自分で許可とってね!という放任主義で貫こうとしてました。

つまり、楽曲を使いたければ自分で JASRAC さんから許諾とってくださいよ、と。一曲2400円/年とかなのかな、個別にとると。

で、実際のところいくらかかるんだろうと思って JASRAC さんに一ユーザーのフリして電話してみました。

私「あのー、ツイキャスってサービスがあって、そこで楽曲使いたいんでいくら払えばいいでしょうか」
J「あ、そいういうことならツイキャスさんにお問い合わせください。」
私「いや、サービス運営の方では、個別に許諾とってくれって言ってるんですが・・・」
J「営利団体が運営しているサービスでの利用については、その運営元とやりとりすることになってるので、個別というのはちょっと・・・」
私「え?マジすか・・」

と、実は個別では契約してくれないということが判明。
こりゃユーザーさんに無理な負担かけちゃいかんな、ってことで、そこから JASRAC の契約などを調べまくりました。


◎いくらかかるんだろう・・・

で、調べてみたところ、うちは多分ストリーム配信に該当して、これだと広告収入の2%程度でいいらしい。
いや待てよ、でも録画もあるしダウンロードって認定されたら一回再生されるたびにチャリチャリお金かかるんじゃね?それマジヤバス・・・

ってことでこれまた他人のふりして JASRAC に電話。

私「あのー、これからこんなサービス立ち上げようと思ってるんですが、契約とかってストリーム配信?ってのになるんですかね・・・」
J「そうですね、それに該当すると思います」
私「その場合、広告収入の 2% ってあるんですが、本当にこれだけなんでしょうか・・」
J「最低使用料はありますが、基本それだけです」
私「いくら広告収入が少なくても、いくらユーザーが多くても変わらないってことでいいんでしょうか」
J「はい、最低使用料6,250円か広告収入の2%の高い方になります」
私「アッチョンプリケ!!!」

いや、これなら問題ないっしょ。ま、長期的に見て 2% って額は安いか高いかは別として、とりあえずシンプルなのが素晴らしいじゃなイカ!!
※注)ユーザーへの月次課金やアイテム課金があった場合、基本的にはそれらも広告収入に含まれます。

ってことで、ここでようやく素性を明かして(w)契約へ


◎契約のながれ

JASRAC のページから J-TAKT のアカウントをとって、そこから申請。別途書類印刷して郵送。そのときにサービス概要書も添付、と。
もちろん、著作権対策とか、そういった仕組みがサイトにあることが条件だけど、そのあたりは(ツイキャスは音楽厳しいよねー)とか言われながらもちゃんとやってきたつもりなんで問題ないかと。
(運営体制とかは UST みたいに人数かけられないけど、って今そんなことはどうでもいいや)

そうこうするうちに JASRAC さんから連絡がかかってきて、動画配信サイトでの利用ということで、一度打ち合わせしましょうということに。

ま、この時点でまだビビリモードだったんですけどね。


◎お打合せ

で、打ち合わせしてみると、なんのことはない、JASRAC さん運営側のこともいろいろ考えてくれて、なんと優しいじゃないですか。
こちらの疑問などの全部その場で解決し、注意事項というか今後のやりとりなんかの確認をおこなって終了と。
書類はもうちょっと詳細なものが欲しいということだったので、サイトの情報なんかを詳しく記載したものを作成して後日送付。

結局最初のコンタクトから3週間くらいで JASRAC 許諾番号いただけました。(途中震災があったので1週間ほど空白あります)

JASRAC の方も言ってたんですが、とにかくみなさん噂とかに流されずJASRACにコンタクトをとってほしいとのこと。
コンタクトしてもらえれば、JASRAC ( ╹◡╹)<コワクナイヨーってのが分かりますから、と。

いや、その通りだと思いました。いままで自分の中で JASRAC 超悪役なイメージだったんですが、◯スラックとか言っててホントすいません。


◎権利関係についてちょいと。

ここ、ちょっと理解してない人も多いんじゃないかなと思うので、解説しときますね。
私も理解したの最近だから。

包括契約したからツイキャスで歌ったり演奏したりはOKだといして、じゃ、CDを流した場合はどうなるのか、という問題。

CDを流した場合、楽曲の著作権はJASRACだけど、原盤権はレコード会社にあります。
これってどういうことかというと、(平たく逆の言い方をすると)「CDを流してはいけませんとJASRACが直接注意することはない」ってことです。

なんか意外でしょ。はいそこ、そもそも権利分かれててダブロンありかよとか言わない。

で、例えば、(敢えて) UST で CD ガンガンかけました、としましょう。
この時、使用楽曲をちゃんと申請すれば JASRAC 的には楽曲の著作権はクリアです。
つまり JASRAC 側で問題になることはないから別途なんらかの請求を UST がJASRACから受けるとかいったことはない。
(正確には、著作権保護についてはきちんとした体制をとらないといけないという条件で契約してるので、放置したら契約違反で包括契約を解除される可能性などはある)。

ただし、この行為は CD の原盤権(著作者隣接権)を侵害しているので、レコード会社から損害賠償等の請求をされる可能性があります。
(ひどい場合には刑事告訴されることもあります)。

なので、運営としては「CD を流してはいけません」となるわけです。

(ま、損害賠償されるのはユーザーなんで運営は知らんこったって顔できるのかもしれませんが、判例を調べてないのでよくわかりません。でもそんな刑事告訴の連絡きたら3秒で両耳そろえてユーザーの情報提出することになると思うので、どうぞお気をつけください<ユーザーのためにもそうなる前に対処するけどもちろん)


◎過去の分の支払い

今回、一つ心配だったのが、「ツイキャスのサービスを開始してから包括契約を結ぶまでの間の支払い」です。
当然見逃してくれるはずはないだろう、でもほとんど広告なんてつけてなかったぜ、さてどうなるんだろう・・・。

おそらく YouTube とかの契約時でも問題になったところだと思うのですが、原理原則的には、過去の分については、楽曲1再生あたり20円〜40円の料金が必要ということらしいです。

これ聞いたとき、凍りましたけどね。

「まてまて、ツイキャス、これまで累積視聴 1億回近くあるぜおい。楽曲含まれてるの 5% だっとして 500 万 x 20円 = 1億円 ちょちょちょちょちょちょちょまてまてまてまて・・」

で、そもそも楽曲のリストを測定することも難しく、このあたりは相談の上、合理的な金額をお支払いすることになりました。
(多分書いちゃいけないんだと思うんで書きませんが、いろいろ配慮していただきました)


まぁ、一つ書いておくと、楽曲扱う「可能性のある」サービスするのであれば、とりあえずは JASRAC 連絡しとけ、と。あとで大変なことなる前に。
(正確にはユーザーが楽曲を扱うことが「できる」サービスが対象となる)


◎ユーザーの報告義務

今回、楽曲がツイキャス上で使えるようになったんですが、ユーザーさんには楽曲の報告義務があります。
もちろん、上で記載したとおり、報告があろうがなかろうがうちが JASRAC に支払う金額に変わりはありません。

ですが、この報告は作曲家などの著作者に対する分配に使われるとのことなので、是非ご協力をお願いします。

ちなみにこの報告義務はどこのサイトにもあります。 UST だと Excelファイルをダウンロードして、それに作曲家名から配信回数まで記載してメールで送付する必要があります。ニコニコ動画とかでも申請箇所がありますね。スティカムは申請しないと10回目でライブできなくなります。

ツイキャスでは、検索部分は JASRAC のサイトを使っていますが、その他は比較的楽に入力できるようにしています。
iPhone/Android からの申請も、もうちょいしたら楽にできるようにします(ちょっとまってくださいね)。

詳しい説明(ツイキャスでの楽曲の配信について)


◎補足

今のJASRACのえらい人、以前はネット配信の権利まわりやってた人らしく、それでネット系の契約も大分スムーズにできるようになったとのことです。
確かに、契約の流れもスムーズだったし、報告義務とかはあるものの、運営の負担もそんなに少なくて済みそうな感じです。

ま、もうちょっと JASRAC のサイトを使いやすくして欲しいってのはありますが、こういう歴史的なサイトは変わると困る人も多いだろうから難しいですよね。

ということで、概ねこんな経緯があって JASRACとの包括契約によりツイキャスで楽曲の配信ができるようになりました

いやー、書いちゃいけないことまで書いてないか心配だー。

ということで、楽曲扱うときとか、サービスなんかやるときには是非参考にしてくださいな。

あ、それと本文中の金額とかの数字は基本 JASRAC のサイトで公開しているものだけど、いろんな場合分けがあるので、サービスや利用形態によって数字は変わってきます。あくまでも参考までに、ということで。


※誤誘導を避けるため太字とか一切つかってないので長文読みにくくてすいません。

Follow yoski on Twitter

ワード

投稿者 aka : 2011年04月12日 21:45  / 2011年04月 / メモ

トラックバック

人気ブログランキング - a++ My RSS 管理人ブログ

このエントリーのトラックバックURL:
http://210.188.206.194/mt-tb-sf.cgi/858

コメント

むかしむかし散々な目に遭わされて著作物も
取り上げられたりもしましたが、いまのJASRACは
まともです。
こういった情報はどんどん出してくださると
助かります。

投稿者 かげ : 日時 2011年04月13日 12:38

>やさしかったですよ、JASRACさん。
当然ですよ。あなたは大切な金づるなんですから。

投稿者 通りすがり : 日時 2011年04月13日 16:54

教えて頂きたいのですが。。当店は、開店当初からカラオケを利用していて、勿論JASRACさんには、毎年お金を払っています。そういう状態で、お客さんがカラオケを唄っている時に、ツイキャスをやるとするとどうなるんでしょうか?駄目なんでしょうか?

投稿者 バー夢祭(ユメマツリ) : 日時 2011年08月17日 00:31

はい、ダメです。

投稿者 yoski : 日時 2011年08月17日 00:47

KASRAC関係者の目の前で鼻歌歌ってたら注意が入るか下手すれば使用料取られるらしいですからな。
やさしいのは誰かも述べてかるが金ずるだから以外の何ものでもない。
高圧的態度だったらすべてのユーザーが離れて当然ですからなぁ、建前として当たり前な対応しているだけ。
貴方は騙されている。
もしくは貴方はKASRAC関係者でこの記事は捏造かどちらかである

投稿者 アグネラス : 日時 2012年02月03日 10:14

コメントしてください

あわせて読みたい




保存しますか?


あとで読む | to read | フレッシュリーダー | フレッシュミーティング | RSSフィード.cc | あわせて読みたい | track feed MyRSS管理人