« スパムサイト作成講座24 - RSS の更新pingを送信する | メイン | 日刊スポーツ - あとで読む »

2007年04月23日

スパムサイト作成講座25 - AdSense 汚染ドメインを排除してアクセスが劇的に回復 あとで読む

実験サイトのアクセスが激的に回復している。まずは下のグラフを見て欲しい。

spam-2007042301.gif


ここまでの流れをちょっと整理しておこう。

1. www.sfa-cms.com というドメインを www.sfa-cms.com, www.sfa-crm.com に分割
   ↓
2. www.sfa-crm.com ドメインに A●Sense を掲載してウハウハ
   ↓
3. アクセス激減 orz
   ↓
4. www.sfa-crm.com ドメインへのアクセスは www.sfa-cms.com にリダイレクトし A●Sense を削除
   ↓
5. アクセス回復 ← いまここ


インデックスを見ると、これまで www.sfa-crm.com ドメインで Google にインデックス登録されていたものがほとんど www.sfa-cms.com に更新されており、同時に SERP (検索結果の順位) もほぼ回復している。


いや、ここまであからさまな結果が出ると思っていなかったので美しいグラフに(※)我ながら少々驚いているが、この実験により以下の事実がわかる。

■A●Sense を貼ることにより(おそらく)人為的に SERP が下げられることがある

そして

■SERP が下げられても、別ドメインへの 301 リダイレクトにより SERP が回復する

可能性が高いといえる。

実際先日も「ドメイン変更したらアクセス激増したんっすよ」という話しを聞いた。

そのA●Senseつきスパムサイトがどのような末路をたどったのかは敢えて書かないが、いずれにせよ、A●Sense を貼ることは SEO スパムサイトにとっては諸刃の剣であるといえるだろう(簡単にマネタイズできる一方ペナルティを受ける確率も高まる)。


まぁ、賢明な読者なら、A●Sense だめでもアレとかコレとか使えばいいや、と考えるであろうが、A●Sense を貼っていてアクセスが激減した場合には インデックスが消える前に何らかのアクションを起こした方がいい、ということだろう。


※注)実験サイトは選挙関連のキーワードに強い(複合語で検索するから)ので、昨日のアクセスはご祝儀。

※本エントリはスパムサイトをネタにしたSEO講座です・・・いい意味で。⇒序章を参照

Follow yoski on Twitter

ワード

投稿者 aka : 2007年04月23日 16:24  / 2007年04月 / SEO (スパムサイト講座)

トラックバック

人気ブログランキング - a++ My RSS 管理人ブログ

このエントリーのトラックバックURL:
http://210.188.206.194/mt-tb-sf.cgi/601

コメント

いつも参考にさせていただいてます。

やっぱりGoogle Adsense様はチェック厳しかったんですねぇー

投稿者 ba-m-bi : 日時 2007年04月29日 15:43

カッコいい!興味をそそりますね(^m^)

投稿者 グッチ アウトレット : 日時 2012年11月10日 06:54

コメントしてください

あわせて読みたい




保存しますか?


あとで読む | to read | フレッシュリーダー | フレッシュミーティング | RSSフィード.cc | あわせて読みたい | track feed MyRSS管理人